<< 社会保険労務士の仕事 行政機関、各団体協力編 | main | 社会保険労務士の仕事 人事労務相談 事業主編 >>

社会保険労務士の仕事 裁判所手続き編

2つ代表的な業務を紹介します。1つは弁護士の補佐人です。事業主もしくは労働者が労働トラブルにおける提訴をした際弁護士に依頼します。その弁護士の答弁をフォローする業務があります。労働社会保険諸法令については社会保険労務士が実践的に長けているので、活用されはじめています。もう一つは成年後見人制度の業務です。該当する親族がいない場合、市区町村等や社会福祉法人等から弁護士、司法書士、社会福祉士が主に受任していますが、社会保険労務士も労働社会保険諸法令に関わる部分で参入し始めています。

前項二つは参入して、数年なので、まだまだ浸透されてないと捉えてます。これからはこちらの業務もこれまで紹介した業務とリンクするので積極的に取り組んでいきます。

 

今日の一曲はMAN WITH A MISSIONの「Left Alive 」



コメント
コメントする









カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
コメント
ブログ内検索
リンク
プロフィール
モバイル
qrcode